貴乃花親方が相撲界を引退するのは残念です…

貴乃花親方が引退届けを日本相撲協会に提出しました。

ちょうど若貴世代の人間としてはほんとに残念でなりません。

これでもう日本の相撲の改革はできなくなってしまったというのが率直な感想でした。

そして今までのご苦労から解放されてよかったなという気持ちです。父がなくなり、北の湖理事長がなくなり九重親方がなくなり相当辛い日々だったと思います。

誰も味方がいない状況の中弟子たちのために奮闘する貴乃花親方のご苦労は想像できません。

あの暴行事件がなければ、付き人への暴行がなければもっと平穏にもっと長く親方として生活が送れたのにと思うと貴乃花の力だけではどうすることもできなくなってしまった状況が心苦しくてたまりません。

自ら罰を受けてやり直すという気持ちになったのにもかかわらず、パワハラは続き、心身ともに参ってしまったのかなという気持ちです。

誰もが知っている平成の大横綱貴乃花がこんな形で相撲界を去ってしまうのは残念としか言いようがありません。痛みに耐えてよく頑張ったまさにその言葉を今貴乃花に送りたいです。これからは気持ちを楽にして小さな子供達に楽しく相撲を教えて欲しいです。そして弟子たちのことも暖かく見守って欲しいと思います。

そしてたくさんの人たちが貴乃花の今後を見守り応援していることを忘れないで欲しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください