大阪の友人が子供にプログラミング教室に通わせていた。

きっかけは、以前IT企業に勤めていてプログラミングができるということもあって大阪で子供のプログラミングスクールに通わせたそうです。専業主婦をしている今、テレビでプログラミング教室の特集をしていて、子供たちがいきいきとプログラミングをしたりしていてさらに知らないことまで出来ていたので、自分の息子も!!と思いができてかよさせたようです。。

やはり今後はIT化が進むにつれて機械に職を奪われるという時代になってくると思いもあるそうでまたログラミングができるとどんな職でも子供が役に立てると思ったからみたいです。

通わせるのに悩んだことは安くはないお金を払うのできちっと教えてくれるところを選びたいということで何個も教室を回ったそうです。他の教室より最先端のことを教えているかなどいろいろと参考にしたそうです。やはり子供には楽しく学んでもらいたいという思いもあったのでしょう。

子供にプログラミング教室に通わせてみるとゲームをすることが減りその分パソコンを触る時間は増えたみたいでした。

このことによって共通の話題ができて以前よりも仲がよくなったと喜んでいました。

いろいろと受動的になり行動的になったりといい影響があったようです。

小学生では英語が必須科目になりそしてプログラミングも科目になります。プログラミングを学んだことによって英語も勉強するようになってすごくよかったということを言っていました。今では自分で簡単なゲームを作ってみたりといろいろと作っているみたいです。

そんな話を聞いて私もぜひプログラミング教室に通わせてみようと思いました。