プログラミングで効率的で自分が楽に仕事ができるようになる。

今は、パソコンは使用できて当たり前、Excel、Word、PowerPoint等も使えて当たり前という時代になってきましたね。

理系技術系の仕事をするならば、装置、ハードウエア、ソフトウエアに触れる機会が増えてきます。

また、最近でのホットな話題はAI《人工知能》、IoT、スクレイピング等があります。

嫌なことに、AI《人工知能》に人間が仕事を奪われるという世の中にもなってきています。

実際に仕事でプログラムを使う様になってからそのプログラムを学ぶよりは、仕事と異なるプログラムを勉強しておけば、一からプログラミングを勉強する必要はなくなります。

何故なら、プログラミング言語が異なっても、似ている処はありますし、プログラムを作る考え方(プログラムアルゴリズムの考え方)が身に付いているからです。

プログラミングを勉強するうえで一番重要なことは、自分の頭で、プログラムに実行させるやり方(アルゴリズム)を十分に考えることだからです。

小学校でプログラミングを教えることに反対の方もおられます。それは、プログラミング言語を教えようとして、プログラミングの考え方、自分の頭で考えることを教えないからです。

会社によっては、入社後に基本情報処理等の国家試験を入社後、2年以内に合格することが強制的に義務化しているところもあるくらいです。

1年以内に合格としていない理由は不合格者もいることなので、仕事をしながら取得する必要があるための猶予期間です。

ラズベリパイを使って、何かを動かすためにも、何らかのプログラミング言語は必要になってきます。

エクセルを効率よく使用するには、マクロ、VBA等を使用する必要があります。

膨大なデータ量を技術的な事だけでなく、総務業務の様な事であっても、全てを手動で行なうと非常に時間が掛かりますし、エクセルでの繰り返し加工は、手が非常に疲れます。

その為、興味のあることに繋がるプログラミングでも構わないので、取り組んでおいた方が、非常に得です。

こういった国家試験やプログラミング習得は自分のスキルにもなり、何らかの面接で自分をPRする一つの手段にもなります。

若い時、まだ頭が柔らかいうちにプログラミング教室に通うことで効率的に習得がより速くなりますよ。

お手洗いのタイミングを予測する装置「DFree」が開発された

先日、ネットサーフィンをしていたときに面白いニュースがありました。

どのタイミングでお手洗いに行けばいいのかを予測する装置「DFree」なるものが、トリプル・ダブリュー・ジャパンで開発されていると言うのです。

介護などでは役立ちそうだなと思いましたが、私はまた少し別の感想を持ちました。

私は、ひとつのことに集中すると寝食を忘れるタチです。

ゲームなどの趣味はもちろんのこと、在宅の仕事などをしているときも、食事をついつい忘れたりします。

食事はまあいいのですけれど、お手洗いに行かなければならないことに気づかず、限界になって慌てて行くということがままあります。

そういうときに、この装置は便利なのではないかと思うのです。

大体、私なんかは特にそうですが、「まだもう少しくらいは我慢できるだろう」と無意識に考えるから、我慢してしまうわけです。

ところが、「もう少し我慢できる」が「もう我慢できない」に変わるのは一瞬のことなわけで、それで間に合わなくなるのです。

かくいう私も間に合わなかったことがあります。

これは年齢もあるのではないかと思います。

この装置が完成して市場に出回れば、膀胱の変化を察知した装置から「いいから、トイレに行け!」という合図になるわけで、こうした悲劇を回避できるのではないか思いこんなことまで予測できるのがすごいなと思った次第です。

センバツ高校野球大会熱戦中

春のセンバツ高校野球が連日、熱戦を繰り広げています。

私は高校野球ファンなので、センバツ大会が来ると、春がやってきたことを実感します。

2月までは冬の寒さが厳しいですが、3月に入るとセンバツ大会があるので、それを楽しみにこの時期を迎えています。

毎年おなじみのイベントがあると、それだけでも楽しみが増えて、毎日が楽しくなってくるような気がしますね。

センバツ大会も平成最後です。

どこが優勝するか楽しみですね。

私は以前、センバツ大会を観に甲子園球場へ行った時がありますが、夏の大会に比べると、かなり肌寒い印象でした。

やはり夏のあの照りつけるジリジリとした暑さの印象がある甲子園だったので、まったく違う印象でセンバツ大会を観戦しました。

センバツ大会は地区の代表校だけの出場なので、全ての都道府県の高校が出場でいるわけではありません。

なので、地元の高校が出場できないときは残念に思っています。

ですが、同じ地区の代表校が勝ち進んでいくと、やはり応援したくなります。

センバツ大会は仮に負けてしまっても、夏にもう一度リベンジをは対したいという思いで選手は帰っていきます。

なので、その点もやはり夏の大会と違うところだと感じてそれを楽しみにもしています。

静岡県浜松市にあるうなぎパイファクトリーで工場見学

久しぶりに静岡県に行ってきました。

静岡県にちょっと用事がありついでにどこか観光にいこうということで、静岡県浜松市にあるうなぎパイファクトリーで工場見学に行ってきました。

やはり浜松といえばうなぎが有名ですが、高いのでそんなものは食べれませんでの、うなぎパイで我慢です。

けど、このうなぎパイファクトリーすごい人でした。

工場見学も並ばないけれどすごい人がいましたよ。

 

ちなみに工場見学するとうなぎパイをもらうことができますよ(笑)

うなぎパイってこんな感じで製造されているんだー感心。

機械を使って数人の人たちが働いているんですね。

 

そんな感じであっという間ですが、少しの時間だけ楽しむことができました。

 

休日だとこんなに混んでいるんですね(笑)

虎ノ門ヒルズに行ってきました。

TVでよく見るおしゃれスポットとして虎ノ門ヒルズがあり、行ってみたいなと思っていました。

 

久しぶりに東京に遊びに来たので、ランチは虎ノ門ヒルズで食べたいな。

 

やっぱり、空間がおしゃれですね。

 

螺旋状に登っていて、途中には花屋さんがあったり、カフェがあったり期待とおりでした。

 

ここのキムタクがモーニングを食べていたりするんだななんて妄想をしながら楽しんでいました。

 

途中、銀座によって少しお買い物。

 

忙しいくも楽しい一日でした。

浅草亀十の最中を買ってきてくれた(笑)

私の好きな最中、浅草にある亀十。

ここはほんと人気店で並ばないと買うことができないところ。

ママ友がちょうど東京に行ったのでついでに並んで買ってきてくれました。

数年ぶりに食べるのですっごく嬉しいです。

 

以前は、東京に行った時はわざわざ朝10時からの開店に間に合うように並んで買ってきていました。

 

いついっても混んでいて買うのに大変なんですよね。

 

ママ友もわざわざ並んで買ってきてくれたみたいで感謝ですね。

 

最近は東京に行く機会がなかなかなくて行けていなかったので、今度また買いにいってみようかと思っています。

 

ここのどら焼きも美味しいのでぜひ食べたいですね。

 

 

貴乃花親方が相撲界を引退するのは残念です…

貴乃花親方が引退届けを日本相撲協会に提出しました。

ちょうど若貴世代の人間としてはほんとに残念でなりません。

これでもう日本の相撲の改革はできなくなってしまったというのが率直な感想でした。

そして今までのご苦労から解放されてよかったなという気持ちです。父がなくなり、北の湖理事長がなくなり九重親方がなくなり相当辛い日々だったと思います。

誰も味方がいない状況の中弟子たちのために奮闘する貴乃花親方のご苦労は想像できません。

あの暴行事件がなければ、付き人への暴行がなければもっと平穏にもっと長く親方として生活が送れたのにと思うと貴乃花の力だけではどうすることもできなくなってしまった状況が心苦しくてたまりません。

自ら罰を受けてやり直すという気持ちになったのにもかかわらず、パワハラは続き、心身ともに参ってしまったのかなという気持ちです。

誰もが知っている平成の大横綱貴乃花がこんな形で相撲界を去ってしまうのは残念としか言いようがありません。痛みに耐えてよく頑張ったまさにその言葉を今貴乃花に送りたいです。これからは気持ちを楽にして小さな子供達に楽しく相撲を教えて欲しいです。そして弟子たちのことも暖かく見守って欲しいと思います。

そしてたくさんの人たちが貴乃花の今後を見守り応援していることを忘れないで欲しいです。

森保ジャパン初戦はコスタリカに3対0で勝ちましたね。

お疲れ様でした(。*・д・。)ノ

さっきサッカー日本代表の親善試合が終わりましたね。

相手は微妙でしたが、なかなかチャンスも作れていてすごく良かったのではないかと思います。

新しく選ばれた中島選手や南野選手など若い選手起用が多くてどうなるものかと思いましたが、圧勝でしたね。

 

素人の私が見ていても攻撃もよかったと思うので初戦の出だしとしては良い感触だったのではないでしょうか。

 

期待が持てる試合内容だったと思います。

 

このまま若手とベテランがうまく癒合して強い日本代表になってくれることを願っています。

大阪の友人が子供にプログラミング教室に通わせていた。

きっかけは、以前IT企業に勤めていてプログラミングができるということもあって大阪で子供のプログラミングスクールに通わせたそうです。専業主婦をしている今、テレビでプログラミング教室の特集をしていて、子供たちがいきいきとプログラミングをしたりしていてさらに知らないことまで出来ていたので、自分の息子も!!と思いができてかよさせたようです。。

やはり今後はIT化が進むにつれて機械に職を奪われるという時代になってくると思いもあるそうでまたログラミングができるとどんな職でも子供が役に立てると思ったからみたいです。

通わせるのに悩んだことは安くはないお金を払うのできちっと教えてくれるところを選びたいということで何個も教室を回ったそうです。他の教室より最先端のことを教えているかなどいろいろと参考にしたそうです。やはり子供には楽しく学んでもらいたいという思いもあったのでしょう。

子供にプログラミング教室に通わせてみるとゲームをすることが減りその分パソコンを触る時間は増えたみたいでした。

このことによって共通の話題ができて以前よりも仲がよくなったと喜んでいました。

いろいろと受動的になり行動的になったりといい影響があったようです。

小学生では英語が必須科目になりそしてプログラミングも科目になります。プログラミングを学んだことによって英語も勉強するようになってすごくよかったということを言っていました。今では自分で簡単なゲームを作ってみたりといろいろと作っているみたいです。

そんな話を聞いて私もぜひプログラミング教室に通わせてみようと思いました。

W杯日本対コロンビア2対1で劇的勝利!大迫選手がすごい!

こんにちは!

ほんと興奮をしています。

今日は家族でワールドカップの日本対コロンビアを見ていたのですが、まさかまさかの劇的勝利!!!

西野監督はなにか持っている気がしますね。

家でテレビ観戦をしていたのですが、声が大きすぎで近所迷惑になるんじゃないかというくらい叫んでしまいました。

香川選手も良かったし、乾選手も良かったですね。

サッカーの試合は、こういった日本代表の試合しか見ないのですが、そんな私でもほんと興奮してしまいました。

 

日本中が喜んでいると思います。

次はセネガル戦ですね。このままの勢いで1次リーグを突破して、ベスト8との壁を突破して欲しいですね。

 

今日はちょっと興奮しすぎてしまったのでなかなか寝れないですが、明日からの仕事の活力にもなりました。

 

ほんと良かったです!!!がんばれ日本!!!